JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

羊土社

種別

書籍

書名/特集名

食道・胃・十二指腸ESDの基本とコツ ―部位別・シチュエーション別の治療手技・戦略を伝授

著者等

小野裕之/監 滝沢耕平,上堂文也,小田一郎,矢野友規/編

分類

臨床医学系/消化器内科

ISBNコード

978-4-7581-1074-7

発行年月

2022年5月

判型 / 頁数

B5判 / 271頁

定価

11,000円(本体10,000円 税10%)

内容

上部消化管ESDに必要なITナイフを中心とした基本手技と「現場での疑問」を解説!

目次

◆推薦の言葉【道田知樹】
◆監修の序【小野裕之】
◆編集の序【滝沢耕平】
◆動画視聴ページのご案内

第1章 内視鏡治療をはじめる前に
1 内視鏡治療技術の習得【吉田将雄】

2 患者への説明(術前)【鈴木晴久】

第2章 内視鏡治療に必要な機器・器具・薬剤
1 鎮静・セデーション【依田雄介】

2 治療用スコープの種類と選び方【吉永繁高】

3 局注針・局注液の種類と選び方【角嶋直美】

4 ナイフの種類と選び方【吉永繁高】

5 クリップの種類と選び方?効果的な使用法とは?【吉田将雄】

6 高周波装置の設定【上堂文也】

7 アクセサリー,その他【吉永繁高】

8 切除標本の取り扱い【金坂 卓】

第3章 食道の内視鏡治療
1 食道癌の内視鏡治療適応【佐藤大幹】

2 食道EMRの適応と基本手技【石原 立】

3 食道ESDの基本手技【山本陽一】

4 食道ESDの部位別・シチュエーション別テクニック
①頸部食道病変【阿部清一郎】
②全周切除が必要な病変【田中雅樹】
③筋層欠損例【山口直之】
④線維化病変【山本陽一】
⑤食道静脈瘤合併例【髙島健司】
⑥CRT後の局所遺残再発に対するサルベージ内視鏡治療【中條恵一郎】
⑦バレット食道病変【阿部清一郎】

5 狭窄予防と狭窄後のマネージメント【田中雅樹】

6 トラブルシューティング
①術中に条件が悪化したときの対応【矢野友規】
②出血への対応【野中 哲】
③食道ESD穿孔【川田 登】

7 治癒切除基準,サーベイランス【門田智裕】

第4章 胃の内視鏡治療
1 胃癌の内視鏡治療適応【金坂 卓】

2 胃ESDの基本手技【阿部清一郎】

3 胃ESD の部位別・シチュエーション別テクニック
①接合部【依田雄介】
②胃底部【吉田将雄】
③胃体上部大彎【牧口(江郷)茉衣】
④胃体下部大彎【髙島健司】
⑤胃角部小彎【砂川弘憲】
⑥幽門前部,前庭部【牧口(江郷)茉衣】
⑦潰瘍瘢痕・高度線維化合併例【籔内洋平】

4 クリニカルパス【矢野友規】

5 トラブルシューティング
①出血への対応【七條智聖】
②穿孔時の対応【山本陽一】

6 治癒基準,サーベイランス【鈴木晴久】
Column:有茎性胃病変に対する内視鏡治療【金坂 卓】

第5章 十二指腸の内視鏡治療
1 自然史,生検による経過観察【野中 哲】

2 D-CSP(十二指腸cold snare polypectomy)【滝沢耕平】

3 Underwater EMR【竹内洋司】

4 十二指腸ESD【川田 登】

5 D-LECS(十二指腸腹腔鏡・内視鏡合同手術)【籔内洋平,吉水祥一,布部創也】

6 縫縮の必要性と縫縮方法【七條智聖】

7 乳頭にかかる病変・切除後の胆管膵管ドレナージの意義【加藤元彦】

8 十二指腸トラブルシューティング【川田 登】
Column:家族性大腸腺腫症(FAP)での十二指腸病変の対応【竹内洋司】

◆付録:クリニカルパス
◆索引
◆執筆者一覧