JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

協同医書出版社

種別

書籍

書名/特集名

マリガンのマニュアルセラピー

版数

原著第7版

著者等

Brian R Mulligan 著 / 藤縄 理,赤坂清和,中山 孝 監訳

分類

リハビリテーション/リハビリテーション基礎

ISBNコード

978-4-7639-1090-5

発行年月

2021年7月

判型 / 頁数

A5 / 200頁

定価

3,300円(本体3,000円 税10%)

内容

世界的に注目されている徒手療法「マリガンコンセプト」を知るための基本図書。
大幅に改訂された最新の第7版。

マリガンコンセプトでは、対象者に自動運動をしてもらいながら痛みを出さないように関節モビライゼーションを行い、対象者の痛みや関節可動域の改善をはかっていきます。

著者であるBrian R Mulligan氏が開発した「NAGs(椎間関節自然滑走法)」「SNAGs(持続的椎間関節自然滑走法)」「MWMs(四肢関節における運動併用モビライゼーション)」「SMWAMs(上肢運動併用脊椎モビライゼーション)」「SMWLMs(下肢運動併用脊椎モビライゼーション)」といったテクニックは、マリガンコンセプトの中核をなすものです。
こうしたテクニックを脊椎や四肢の関節に対して具体的にどのように適用していくのか、豊富な写真と軽快な語り口を交えつつ詳しく説明されています。

さらに、セラピーの効果を高めるために対象者が家庭で行うセルフエクササイズも具体的に紹介。対象者が積極的にセラピーに参加することで、効果はより高められます。

第7版では、近年の知見などを交えながら、対象者にとってよりよいセラピーを行うための最新の方法や考え方が紹介されています。

目次

【第1部】
Ⅰ.脊椎のモビライゼーション
A.頸椎と上部胸椎
 1.NAGs(椎間関節自然滑走法)
 2.リバースNAGSs(逆椎間関節自然滑走法)
 3.SNAGs(持続的椎間関節自然滑走法)
 4.セルフSNAGs
 5.上肢運動併用脊椎モビライゼーション(SMWAMs)
 6.トランスバース(側方)SNAGs:頸椎と上位胸椎の他の運動併用モビライゼーションテクニック(MWM)
B.上部頸椎-特殊な治療
 1.頭痛
 2.骨動脈によらないめまいと吐き気
C.腰椎(SNAGsとセルフSNAGs)
 1.SNAGs
 2.セルフSNAGs
D.仙腸(S/I)関節
E.胸椎のSNAGs
F.胸郭
G.結論

Ⅱ.その他の脊椎に対する手技
A.マニピュレーション
B.ベルト牽引テクニック
C.下肢屈曲挙上(Bent Leg Raise;BLR)テクニック
D.両下肢回旋テクニック
E-1.牽引を併用した下肢伸展挙上
E-2.圧迫を併用した下肢伸展挙上
F.下肢運動併用脊椎モビライゼーション(SMWLMs)
G.坐位
H.脊椎テーピング
I.運動

【第2部】
四肢関節における運動併用モビライゼーション(MWMs)
 1.手指.指節間関節の制限と痛み
 2.中手骨.例えば手を握ったときに生じる第5中手骨の痛み
 3.手根骨
 4.手関節掌背屈の制限や痛み
 5.遠位橈尺関節.回外/回内または手関節背屈時の痛みと運動制限
 6.肘関節.運動制限,テニス肘およびゴルフ肘
 7.肩関節.痛みを伴う運動制限,腱板損傷など
 8.肩鎖関節と胸鎖関節(肩甲帯について以下に述べる.肩のMWMsと一緒に治療すると素晴らしい)
 9.足部
 10.足関節と脛腓関節
 11.膝関節
 12.股関節
 13.MWMsのまとめ

【第3部】
四肢 雑録
A.疼痛解放現象テクニック(PRPs)
 1.いくつかの圧迫治療の例
 2.その他のPRP治療例
 3.結論
B.その他の四肢の治療法
 1.足底筋膜炎-踵痛
 2.膝に対する「圧搾」テクニック
 3.肩鎖関節(肩甲帯も参照)
 4.役立つテーピング(まだ言及していない方法)
 5.股関節周囲の筋

索引